中国対策? Star Wars Episode VIII の撮影が1ヶ月延期の理由


昨日の晩から今日の夜にかけて本サイトが落ちていました。
このサイトのシステムに不具合があり、表示ができない状況でした。
申し訳ありませんでした。

サイトのメンテナンスは自分でやらないといけないんですけど、それが原因だったようです、トホホ。
今度から気をつけていきますので、これからもウケウリSTARWARSを宜しくお願いします!

 

さて、今月からStar Wars Episode VIIIの撮影が始まるはずですが、どうやら始まっていないようです。
その理由はなんと中国対策?のようですよ。

スクリーンショット 2016-01-19 21.20.26

Star Wars News Netによると、

このMeet the Movie PressというYoutube番組で語られたのは、Star Wars Episode VIIIにBel Powely と Gina Rodriguesの2人が出演すると噂されていたようですが、Rian Johnson が現在脚本を書き直していて、少なくともGina Rodriguesの役がなくなったと(または出演が少なくなると)。Bel Powelyの役がなくなるかどうかはわからない。
で、その書き直しでどうやら1ヶ月撮影開始が延期になるらしいと。

それはなぜか。
どうやらその代わりに無名のアジア女性が役に加わるらしいのです。

この理由としてStar Wars Newsが語るには、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」が中国での興行収入が不振だったため、Episode VIIIで巻き返すために投入するのではないかと。
それは良い判断だとしています。

でもこういうのでスター・ウォーズの正史が変更されるというのは嫌ですね。

「中国嫁日記」の2016年01月18日「スターウォーズ「フォースの覚醒」の月サンの感想」でも中国の方はルークやダース・ヴェイダーを知らなかったり(ま、今まで1回もスター・ウォーズを見たことない日本人と同じかもしれないけど)、

スクリーンショット 2016-01-19 21.36.42

ウォールストリート・ジャーナルで中国の人たちの多くは「現実的で、実際の生活に基づいた映画を見たがる傾向がある」と言う文化からも、このような方法は間違っていると思うんですけどね。

さて、真相はいかに。。。

SOURCE: Star Wars News Net, WSJ , 中国嫁日記


2 Comments

  1. 興収が大事なのは分かりますが肝心の内容に全振りして欲しいってのが正直なところですね。
    あと話変わりますがスピンオフ小説のアフターマスや映画のノベライズ版の邦訳が出る気配がないのが凄く心配です。特にアフターマスはずっと待ってるんですけどね〜。

Comments are closed.