SWCE2016振り返り「Star Wars Rebels Season 3 Panel」


7月16日、Star Wars Celebration Europe 20162日目。「Star Wars Rebels Season 3 Panel」が開催されました。
私、勘違いしていて、シーズン3の最初の2話を流すと言う事で、Dave Filoni監督たちのトークってすごく少ない時間で行われると思っていたんですが、このパネル2時間だったんですね。なので半分はトークだったということだと。

今回のホストは Warwick Davis。そしてDave Filoni監督、サビーヌの声のTiya Sircar、そしてダース・モールの声のSam Witwerが登場。

もののけ姫?超時空要塞マクロス?SWCE2016振り返り「Ahsoka’s Untold Tales Pane」』から続いてこのビデオを見たんですが、なかなか情報量の多いトークだったな、と。
またまた長文になってしまった。。。

スクリーンショット 2016-07-24 13.45.31

パネルの最初ではシーズン2でアソーカとヴェイダーのバトルについて聞かれました。
アソーカの最後についてはジョージ・ルーカスと10年ぐらい考えてきて、シーズンやキャラクターの長期間の計画があったけど、「クローン・ウォーズ」が終わってしまってそれができなくなってしまった。そこに良い機会で「反乱者たち」の制作が決まってそれを続ける機会ができたが、ファンのリアクションなどを見ながらアソーカの生死について考えてきているけどシーズン2最終回でアソーカの登場が終わることはないと明言。
「反乱者たち」の冒頭で彼が言ったという事は、前日よりも意思が強くなったのかな、という印象を受けます。

スクリーンショット 2016-07-24 13.46.27

さて、まずはキャラクターの新しい風貌について。
8月21日放送の「反乱者たち シーズン2最終回」でダース・モールによってケイナンは盲目になるようです。
そこでケイナンはアイマスクをするように。

スクリーンショット 2016-07-24 13.47.31

これによってケイナンの物語を座頭市のようなサムライストーリーになっていくと。
ケイナンの声を担当しているFreddie Prinzeも座頭市ファンで、今後彼にどんな意味をもたせていくかを理解しているとの事。
盲目になった事で正しい道を行くジェダイになっていくだろうと。

Rebel Force Radioでも話に出てましたが、「ローグワン/スター・ウォーズ・ストーリー」でDonnie Yen演じるChirrut Imweはフォースを信じる座頭市タイプの役になりますが、海外では?座頭市のサムライスタイルはある意味「フォース・センシティブ」のある人と捉えられている感じ。また座頭市は海外では結構有名なようですね。

「ローグワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の前に「反乱者たち シーズン3」でこう言う”座頭市スタイル”を見せておく事で子供達にも理解しやすくさせた?なんて感覚も持ちますが、キャラがどうなっていくかはアソーカの時と同じように設定がある程度決められているはず。

スクリーンショット 2016-07-24 14.07.00

もともとライトセイバーに刀のツバのようなものがあった事から、のちにサムライスタイルっていうのを考えていたんでしょうけど、一番最初は”カウボーイ・スタイル”と言ってたんですよね。実はカモフラージュだったのかも。
(画像をクリックするとその時の映像が観れますよ)

スクリーンショット 2016-07-24 14.15.17

エズラの髪型はティーンエイジャーの成長していく過程での気持ちを表したものだそうですが、シーズン1の時のファンのリアクション(不評?w)もあっての変更だったようです。

スクリーンショット 2016-07-24 14.17.35

サビーヌの髪も変更。彼女の声を担当しているTiya Sircar も気に入ったよう。
シーズン1の後でDave Filoni監督が髪をどうしようかと訪ねて来た時に彼女が言ったものが採用された模様。

さてシーズン3ですが、シーズン2で(先週の第12話の放送がこれでしたね)サビーヌはマンダロリアン、ビズラ家の出ででスウォッチとのつながりがありであることがわかりましたが、シーズン3でよりその過去からマンダロリアンと関わりを持つ、マンダロリアンのようになる、また誰かと恋愛関係になる?ようです。

ここでシーズン3のクリップ、サビーヌが登場するシーンが流れます。

スクリーンショット 2016-07-24 18.51.41

そのほかのキャラはヘラはより戦闘服っぽくなって反乱軍との関わりが強くなり、階級バッジも。ゼブも服がフィットしました。”New Hope Look”って言ってますね。ストーリー・グループやプロダクションチームと話をして、「ローグワン/スター・ウォーズ・ストーリー」とシナジーを持つような風貌にして行っているとの事。

スクリーンショット 2016-07-24 19.02.10

ダース・モールも風貌が変わってきます。彼は”反乱者たち”ではなぜ生きているのか、意味を持っているのか、自分自身の目的を探していきます。銀河を掌握するのに近い立場にいながら
彼は今まで何度も失敗を繰り返してきました。、彼は悪役サイドですが、それが良いとは思わない事との間で決意が揺らいでいき、それを探す旅になると。
ファントム・メナスではシス・アプレンティスまで上り詰めて落ち、クローン・ウォーズでは権力を手に入れましたが落ち、今度は何で上り詰める?っていうところだとSam Witwerは補足しています。

スクリーンショット 2016-07-24 19.09.58

ダース・モールにとってエズラは?という質問にSam Witwer、”You’ll be my apprentice.”と。
モールはポテンシャルがある彼を今後チームとしてやっていける事ができるのではないかと考えている相手がエズラだと。
ジェダイとは違う、間違った方向、利己的な方向に進ませようとすると。

今度はダース・モールのクリップが流れます。
Dave Filoni監督がトリビアで、この基地はクローン・ウォーズ シーズン6か7でダース・モールの続きの物語があって、そこでこの基地が使われているそうで、ダース・モールは一度ここに来ているとのことです。

ここでトレイラーが発表。

観客がスタンディング・オベーション!
ここから具体的にシーズン3の話に入っていきます。

Dave Filoni監督は、スローン大提督の登場はとても意義のあることだったと言います。
スター・ウォーズファンはスローンなしで育ってくる事は出来なかったとし、”反乱者たち”
の時代でもスローンのことを考えていたと言っています。






スクリーンショット 2016-07-24 21.40.09

スローンを作ったティモシー・ザーンは小説「Thronw」を執筆中で参加できず。
メッセージが届けられました。
”反乱者たち”のスローンについても彼がアドバイザーでついているんですね。
レジェンド時代のスローンの雰囲気があるのは彼がいるからなんですね。

スクリーンショット 2016-07-24 21.47.28

さて、トレイラーを見たTiya Sircar。
やっとサビーヌがジェットパックを背負う事が出来たと。
前からDave Filoni監督にマンダロリアンなんだからジェットパックをと懇願していたようですね。
そしてダークセイバーも手にすることに!

もののけ姫?超時空要塞マクロス?SWCE2016振り返り「Ahsoka’s Untold Tales Panel」』でお伝えした事が繋がっていますね。
マンダロアからダース・モールを追い出した時にダークセイバーも取り返していたんですね!

スクリーンショット 2016-07-24 21.51.08

そしてベンドゥですね。
今までとは違ったタイプのフォースを持つキャラクター
“middle way” と説明していますが、ライトでもダークでもない中道のフォース、”force of nature”を使うとしています
声をDoctor WhoのTom Bakerが演じます。これも海外では大きな話題。

スクリーンショット 2016-07-25 21.19.56

さて、ここで質問コーナーへ。
抜粋で。

やっぱりマラ・ジェイドの質問がきましたね!
彼女は出るのかと。
私の言葉を代弁してくれましたが。。。出ないようです。
そしてイサラミリも出ないと。
スローンが出るからと言ってそこまで期待しちゃいけませんな(笑)

スクリーンショット 2016-07-25 21.42.43

ケイナンのアイマスクの模様がレックスのヘルメットと似てるけど、っていう質問がケイナンのコスプレイヤーから。

オリジナルコンセプトは彼がしているマスクにサビーヌがカラーリングしたものだったけど、サビーヌがもっとつけやすいものにと言ってあのマスクに。外向きはアイコンタクトができるように、Dave Filoni的には友人レックスの目から通して見るっていう意味が込められているとの事。