6Kの高画質へ!「スター・ウォーズ/エピソード9」では65mmフィルムで撮影!


映画館は大変になりそうだ。。。

6月に『時代は6Kへ。Star Wars: Rogue Oneの撮影の一部を6Kカメラで撮影か』でお伝えしたように、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」では一部にArri Rentalの”Alexa 65”というカメラが使用されて6K映像で撮影されているようですが、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-12-22-06-14

The Playlistが報じるところによると、「スター・ウォーズ/エピソード9」では35mmフィルムをやめ65mmフィルムで撮影されることになると言っています。

来年公開の「スター・ウォーズ/エピソード8」は

ライアン・ジョンソン監督によると「物流的な理由で」、多分65mmフィルムの在庫的な問題で35mmフィルムを使用したようですが、Kodakによると、イギリスの編集施設で65mmフィルムを扱えるようにし、そのプロジェクトのリストに「スター・ウォーズ/エピソード9」を載せたとの事です。
また「スター・ウォーズ/エピソード9」の撮影監督にジュラシック・パークやアメージング・スパイダーマンのJohn Schwartzmanが就任することも報じています。

zz3e5aaec7-700x394

65mmフィルムは本質的にはIMAXと比べてほぼ同じで、IMAXの方が若干大きい。
でも35mmフィルムで撮影していたものが65mmになるのでIMAXシアターで高画質で「スター・ウォーズ」を観れるようになります。

来年に公開の「オリエント急行殺人事件」を始め、これからどんどん65mmフィルムを使うようになるようで、どんどん6K映像の映画が公開されていきます。
これから映画館も4Kから6Kの映写機に変更を迫られそうです。

SOURCE: The Playlist , /Film