日本ではやらないのか?!「Seasons of the Force」プロジェクション・マッピッングがディズニーランド・パリで始まる!


本当に海外のディズニーランドは羨ましいです。。。

本日からディズニーランド・パリでは遅ればせながら「Seasons of the Force」が開幕します。
とは言っても、日本も行なっていますが、大きなイベントはやっていないので、ある意味やってないのとおんなじとう言うか。。。

Endor Expressが伝えるところによると、木曜日の夜に「Seasons of the Force」の目玉となるHollywood Towerに投影するプロジェクション・マッピングを投影する”Star Wars: A Galactic Celebration”の最終リハーサルが行われたとのこと。

すごいですね!

ハイパー・リアリスティック・3Dによる、16台の投影機で作られたプロジェクション・マッピング。

そして前方にはステージがあり、28.2平方メートルのLEDスクリーンの前でショーが行われます。
このステージの前には6000人は収容可能だとのこと。

80基のライト、花火、煙、ドライアイス噴射など多彩な設備が設置、スピーカーも360度から音が聞こえてくる仕組みのようです。

ステージではショーが昼夜ともに開催するとのことで、1日中スター・ウォーズが楽しめるようになっています。

現在、スター・ツアーズとスペース・マウンテンは、スター・ツアーズ・アドベンチャー・コンティニューへの切り替え、ハイパー・スペース・マウンテンへの変更中で工事中。それでもスター・ウォーズ満載のディズニーランド・パリです。

他にも画像があるので、Endor Expressを訪れてみてください!

いやぁ、東京ディズニーランドももっとスター・ウォーズを扱ってほしいものですね。
ほんと日本はスター・ウォーズ後進国になってしまいました。。。
元々は日本の素材からできている映画なのに。。。

SOURCE: Endor Express


1 Comment

  1. 日本は無理でしょ、直営じゃないからやるにはOLCが制作費の他にバカ高い版権料やデザイン料も納めないといけないし
    スターウォーズに投資するなら別の女性受け良いディズニーコンテンツの方に投資するでしょうね
    ローグワンも日本ではいまいち伸び悪いしスターツアーズのガラガラさ見てたらTDLの運営目線で見たらやるメリットはなさそう
    ハイパースペースマウンテンが一番可能性はあるけどコカコーラのスポンサー問題がどうなるかって感じだし
    ターワーオブテラーも向こうはハリウッドスタジオだけど日本はディズニーシーでテーマが全く違うからできないでしょうしね

Comments are closed.