Star Toursがアイデア!K-2SOシーンの舞台裏


米ABC NewsがK-2SOシーンの舞台裏を取材してきました。

K-2SOはアラン・テュディックが演じ、コンピューターで描かれた3Dモデルをモーションキャプチャー・スーツを着た彼の動きに適応させて乗せて作られていることはみなさんご存知のことだと思います。

そのK-2SOの3Dモデルは大規模なチームで作られた3D コンピュータープログラムで、手首、膝、肘などの関節部分はディズニーランドのStar Toursの動かし方からインスパイアされたんだそうです。
こういうところからアイデアが思いつく、導かれるってすごいですね。