役作りの為に密会?! ドナルド・グローバー、ビリー・ディー・ウィリアムスとランチ。


ランド・カルリジアンはビリー・ディー・ウィリアムス、ビリー・ディー・ウィリアムスはランド・カルリジアン。

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(仮名)」にランド役で出演するドナルド・グローバー。
彼は直接ビリー・ディー・ウィリアムスとランチをして、役作りの為に教えを乞うていたようです。

この時の会話についてTHRがビリー・ディー・ウィリアムスにインタビューしました。

– 最近ドナルド・グローバーとランチをしましたね。どんなことを話したんですか。

彼はとっても楽しい青年だったよ。とってもいいランチで、長い時間話したよ。過ごしやすかったよ。
彼はいくつも質問があった。彼は普通の役者がやっていることをしていて、彼らは彼らが演じたい方向を見つけたいから情報を集めているんだ。
だから座談したけど、わたしは彼らがしたいことを押し付けたくなかった、試行錯誤してほしいと。
彼は自分の考えを持っているのがわかったし、とても才能がある若者だ。
もっと言えば彼の音楽を聴いていたし、その曲はとってもよかったよ。

ドナルド・グローバーは音楽もやっていて彼のステージネームは、チャイルディッシュ・ガンビーノと言います。

また、THRは酷なことを質問してて「(ランドという)キャラクターにさよならを言ったり、あなたの後に続く彼をみているのは辛いですか?」。

いつかはそんなことが起こるかもしれない。でもわたしはランドにさよならは言いませんよ。ランドはまだわたしの人生の一部ですし。
わたしがこのキャラクターを作ったんです。

んー、その通り!
彼がランドを作り出したし、彼そのもの。
今後も彼に演じて欲しいと思うファンは多いことでしょう!

SOURCE: THR