【D23 Expoおさらい】Star Wars: Galaxy’s Edge & Star Wars Hotel!


D23 Expoのおさらいの続きです。

D23 Expoは入場時にはすごい人、人、人だったようで。
ただみなさんお目当てが色々なのか、入場してしまうと分散されて結構ゆったり見ることができる感じに見えます。
Star Wars Celebrationより人が少なく感じますね。

さて、今日はスター・ウォーズ・ランドとスター・ウォーズホテルのおさらい。

D23 Expo会場に展示されたのはスター・ウォーズ・ランドのモデル。
そう言えば、過去の映像でこのモデルをルーカスフィルムで作っている風景がありましたね。

こんなにすごいのができるのか!と思いながらも、今までスター・ウォーズ・ランドの建設状況を見てきていますので、それから思うとちょっと違和感が。

この映像は昨日のスター・ウォーズ・ランドの建設状況。
巨大な建物を建設中ですが、スター・ウォーズ・ランドのモデルにはそのようなものはわからなかったりしますよね。
このモデルに習うと、どうやら建設中の建物は岩の中に隠れてしまうと言うことに。
そして岩の手前の建物の多くは建設中の建物の周囲にハリボテのように作られるのではないかと想像できますな。

また他の多くの建物は、今までスター・ウォーズ・ランドが建設されてきた中で岩のハリボテを建物などの周りに貼り付けていたのと同じように、他の場所で作られていて、それを持ってきて組み立てたり接着したりするのでしょう。

とにかくあと2年足らずでこれができちゃうんですね。
すごいすごい。

しっかし、このD23 Expoで展示されていたものをそのまま東京ディズニーランドに持ってくるだけでも、スター・ウォーズファンは十分喜びそう。
東京にスター・ウォーズ・ランド作らなくてもこれ持ってきて展示すればファンの気持ちは満たされてしまうかも?
東京はどこかに固定で、小さくても良いから「Star Wars:Launch Bay」作ればいいのに。

またステージではDisney Parks Panelでスター・ウォーズ・ランドの詳細が発表されました。

アトラクションの内容は以前から明かされていましたが、
ファースト・オーダーとレジスタンスがスター・デストロイヤーの中で激突!
先の映像でも模型が展示されていましたが、ファースト・オーダー フリート・トランスポートに乗ってアトラクションを回ると、すでに骨格が出来上がっているのはみなさんご存知の2体のAT-ATに出くわします。
さらにミレニアム・ファルコンをグループで操縦したりブラスターを撃ったり、ハイパースペースにジャンプしたりしてミッションを攻略!
そんな2つのアトラクションが登場します。

そして発表されたのは、このスター・ウォーズ・ランドの正式名称は「Star Wars: Galaxy’s Edge」
BB-8はもちろんドロイドやエイリアンやクリーチャーがいたるところにいて、さらにはチューイやカイロ・レンもこのパークにいます。
なんとホンドー・オーナカも!

カンティーナも作られ、食事や飲み物も提供されます。もちろんブルーミルクも。
が、驚いたのはスター・ツアーズで操縦桿を握っていたキャプテン・レックスが、ここで新しい仕事、DJをするんだそうです!

さらに発表されたのはスター・ウォーズ・ホテルの内容。
全ての窓から見えるのは宇宙。
体験型のスター・ウォーズ・レジャーホテル。
スター・ウォーズ世界のキャラクターになった気分で宇宙船に乗って地球を離れ、数日間の旅の中、冒険ストーリーの中で過ごします。
宇宙船の司令室のような空間やカンティーナもあり、スター・ウォーズ世界のキャラクターたちと過ごせるようです。
また宇宙船の中で暮らすかのような部屋も。

このホテルはオーランドのディズニー・ワールドにできるそうです。
まぁ、アナハイムはそんなホテルを作る土地は全くないですから、オーランドだけってのは納得。

きっとこれから先、アメリカでのStar Wars Celebrationはアナハイムかオーランドでしょうから、オーランドの時はStar Wars Celebration4日間、Star Wars: Galaxy’s Edgeで数日、そしてスター・ウォーズホテルに数日。。。全部で2週間ぐらい滞在ってのも?
スター・ウォーズホテルは数年は予約がまず取れなさそうですが(汗