ソウ・ゲレラ登場!スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン4第3話”In the Name of the Rebellion:Part One”


【この記事は日本では将来放送開始になる「スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン4のストーリーをアメリカの放送に合わせてレビューをお届けするものです。ネタバレとなりますので、日本での放送まで知りたくない方は見ないようにお願いします。】

今週も「スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン4は1時間のプレミア放送だったようで、第3話”In the Name of the Rebellion:Part One”、第4話”In the Name of the Rebellion:Part Two”が放送されました。

今回は第3話”In the Name of the Rebellion:Part One”をお届けしますが、この”In the Name of the Rebellion”はもう「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の前哨戦といってもいいような内容になっていて、また「スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン3の続きまでが集約されていて密度が濃くて興奮するストーリーになっています。

画像や映像を交えてお届けしたいと思います。
なお、レビューに使用している画像や映像は公式映像からのものですのでご承知おきください。
(今回から画像をクリックするとその映像部分から再生されるようにしました。)

第1話 “Heroes of Mandalore : part1”第2話 “Heroes of Mandalore : part2”の後、ケイナン、エズラ、サビーヌ、チョッパーはヤヴィンIVに到着します。
ついにヤヴィンIVが舞台となりますね。

そして先に到着していたゼブが3人を出迎えます。
そこにはレックスも。

そしてヘラは。。。


(クリックすると今回の話のシーンから再生します)

ウェッジとともにミッションに出かけましたが失敗して帰還。
不時着します。

これでゴースト・ファミリーがヤヴィンIVに勢揃いしました。
そしてさらに

「スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン3 最終回で反乱軍に戻ってきたカラスも顔を見せます。

ベイル・オーガナが情報源から得た内容として帝国が多くの星系をつなぐ通信リレーシステム、「ローグ・ワン」で言うシタデル・タワーの頭だけなようなものですね、これを各所に設置し始めたと。
ソウ・ゲレラからもその噂を聞いていたと。

今回はこのアンテナの妨害工作。

エズラはソウと共に戦わないことやモン・モスマの政治的判断での反乱軍の作戦行動に不満を持っている所に、ソウ・ゲレラからの通信が入ります。

モン・モスマは「スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン3 最終回でスローンとの戦争に援軍を送らなかったように、今、反乱軍が大規模な攻撃を帝国に仕掛ける事は時期尚早だとします。

エズラ、サビーヌ、チョッパーがアンテナに降り立ち作戦を遂行しますが、そこにヘビークルーザーが。
作戦は失敗し、帝国にバレてしまいます。
トルーパーの攻撃に遭い、ゴーストに救援を求めますが、

クルーザーから3枚の翼とシールド、ハイパードライブを持つTIEインターセプター(スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン3 第9話 「内通者」で設計図が登場しましたね。第9話ではTIEインターセプターと言っていましたが、今回はTIEディフェンダーと言っていますので過去に合わせたのかな?)が2機飛び出してきて。
シールドを持っているのでなかなか倒せない状況で、ケイナンがゴーストを雲の中に飛び込ませ、彼のフォースによって見えない中を進みます。その作戦が功をそうし2機を撃墜。


ゴーストがTIEディフェンダーと戦っている間にソウ・ゲレラがUウイングで登場。
エズラ、サビーヌ、チョッパーを助け、ヘビークルーザーとアンテナを破壊します。

この後エズラ、サビーヌ、チョッパーはケイナン、ヘラ、ゼブと別れ、ソウ・ゲレラとUウイングで行動を共に。
彼らはどこへ行くのか。。。

続きは第4話”In the Name of the Rebellion:Part Two”で!