ついに!「スター・ウォーズ実写版TVシリーズ」がスター・ウォーズ エピソード9後に放送開始予定!


こちらもほぼ決定!

先ほどはライアン・ジョンソン監督が次の新三部作の脚本・監督に選ばれた事をお伝えしましたが、こちらも発表されました!

Varietyによると、ディズニーのボブ・アイガーCEOは四半期収支報告において、ライアン・ジョンソン監督が次の新三部作の脚本・監督に選ばれた事を報告すると同時に、”モンスターズ・インク”、”ハイスクール・ミュージカル”、マーベルのオリジナル版のTVシリーズが製作中である事と、なんと「スター・ウォーズ実写版TVシリーズ」をストリーミング・サービスで2019年の終わりには放送開始したいと言う意向を表明したという事です。
時期的にはスター・ウォーズ エピソード9公開後ですね。

今年8月にNetflixでのディズニー作品のコンテンツ提供契約を2018年末で終了すると公表し、DisneyやPixarの映画やテレビ番組をオンデマンドで提供する会員制サービスを開始する事を決めており、その目玉として「スター・ウォーズ実写版TVシリーズ」を持ってくるものと思われます。

我々は今、様々なストリーミング配信サービスに囲まれ、いくつか契約している方もいるかと思います。
「スター・ウォーズ実写版TVシリーズ」が確実になった暁には、再来年以降考えていかないといけない事態になりそうですね。

SOURCE: Variety , itmedia