一気に3本!「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」TVスポット!


昨夜は皆さんお疲れ様でした。
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」前夜祭チケットを取った人、取れなかった人、悲喜こもごもだったと思います。
日劇の件が、さらに前回までとは違って一人2枚までのチケットっていうので大争奪戦になってしまいましたな。
もっとしっかりルールを事前に教えてもらえたら。。。という人もいるかもしれません。

ま、前夜祭に観ようが、あとで観ようがスター・ウォーズ・ファンは変わりないし、誰に自慢しても仕方ない事なので、行ける時に何回でも観に行きましょう!

。。。って、そうなんですよ。
エピソードVを思い出せば大体3部作なのですから「正義の味方」と思われる方が苦戦するのはストーリーの流れ。
(ファースト・オーダーが悪とは言っていませんよ。人間、団体それぞれには”正義”というものがあるのですから。)
気持ち的に重い悲しいストーリーになりそうなのはわかってるんですが。

TVスポットが3本公開されました!
あのね、日本でチケット争奪戦が行われる日に海外ではTVスポットですよ。
東京ディズニーランドはフランチャイズといえども収益が高くて力があるんですから、こういうコントロールはしっかりしてほしいものです。
同日にいくつものスター・ウォーズニュースを流すものではないです!
(日本だけコントロールできてないっていう説もありw)

1本目は「Darkness Rises」という題名のTVスポット。

日本版トレイラーも次に流れますが、1本目ね。
ポー・ダメロンのブレーキかけるX-Wing操縦テクニックはミレニアム・ファルコンの操縦で過去に似たようなのがありますが、「スター・ウォーズ 反乱者たち」シーズン4の、第9話に出て来るヘラ・テクニックに近いところがあります。

とにかくグアテマラ出身オスカー・アイザックの英語が巻き舌で聞きずらいですな、という印象。
「スター・ウォーズ 反乱者たち」でもそういう印象が多いのですけどね。

2本目はレイの苦悩。
過去のトレイラーの流れからカイロ・レンがライトサイドに行き、レイがダーク・サイドに行くような印象も持ってしまいがちなのですが、強力な力を持つと、誰しもが悩むことなのかもしれないですね。

3本目はこんなの作っていいの?
子供はローズが惑星クレイトで乗ってる船をX-Wingと勘違いしてしまいそうな編集ですが、気をつけましょう。

とにかく今までで気になるのは、カジノ惑星の情報が少ないですよね、トレイラー。
それほど重要なのか、それともあんまり重要ではないのか。。。(苦笑)