Star Wars: Galaxy’s Edge ミレニアム・ファルコン・アトラクション素材映像が公開!


先月は『Star Wars: Galaxy’s Edge ミレニアム・ファルコン・アトラクションの画像が公開!「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」でも使用された技術でレンダリング!』で、カリフォルニア州サンノゼで開かれたGPU Technology Conference 2018でのセッション「Walt Disney Imagineering Technology Preview: Real-time Rendering of a Galaxy Far, Far Away」でのStar Wars: Galaxy’s Edgeのミレニアム・ファルコン・アトラクションの写真をお伝えしましたが、今回その時の映像が届いたのでお届けします!

鮮明な映像は届いていないのですが、NVIDIAとILMxLABが協力してアトラクションの映像を作っているプロジェクト。
セッションで説明があったStar Wars: Galaxy’s Edge ミレニアム・ファルコン・アトラクションの画面映像は4K映像で、360度?に動かすことができる状態でアトラクション映像が開発されています。
アトラクションでは固定されるはず(というより、操縦者の視点の範囲だけって感じ?)なので、このように本番では観ることができない位置の映像を見れるのは、貴重かもしれません。

感覚的にはスター・ツアーズのミレニアムファルコン・アトラクション版と言う感じでしょうかね。

さて、Star Wars: Galaxy’s Edgeの建設状況ですが、

周囲は木も植えられ始め、岩山も着々と作られてきています。

ディズニーランド側のRiver of Americaのマークトゥウェイン号から見ても進行していることがわかりますね。

すでに建物の中の建設状況は見えませんが、そういえば中にAT-ATが設置されていたんですよね。
それもいい感じになってきている事かと思います。