ロン・ハワード監督、スター・ウォーズの日は「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」プロモーションで大忙し!


スター・ウォーズの日は海外では「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」のチケット発売開始日だったので、ロン・ハワード監督は宣伝で大忙しだったようですね。

IMAXがスター・ウォーズの日の「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」チケット発売開始を宣言したころ、

”The Late Show with Stephen Colbert”に出演。
Stephen Colbertがケッセル・ランのシーンがあるかどうかの質問をしますが、それをはぐらかしての「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の説明(笑)
監督の交代という形で加入した彼はすでに撮影体制が出来上がっていたり、すでに撮影されていたシーンがあったわけですが、すでに出来上がっているセットやシーンの数々は素晴らしかったと、特に

このTVスポットにあるランドがハンにブラスターを渡すシーンのカメラの動きはパーフェクトだったと言っています。

で、やはり話はルーカスと一緒に仕事をしていたアメリカン・グラフィティの話になり、ルーカスの映画制作プロセスを学んだことを話しつつ

このThe Star Wars Showの映像にあるようにルーカスが見に来てくれた時の話をしています。

そしてその日の朝からABCテレビのGood Morning Americaに出演。

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」に関しては、簡単に若きハン・ソロの物語の説明をしていますが、内容のネタバレとしては「ハンとチューバッカがお互い出会いますが、あえて言うと最初(第一印象?)はお互い決して好きじゃなかったんですよね」と言っています。
。。。ハンとチューイの出会いがレジェンドと同じストーリーなのか気になるところですね。

Well the pitch was wide of the zone…but at least I got it to Sanchez. #StarWarsNight #YankeeStadium #hansolo

RealRonHowardさん(@realronhoward)がシェアした投稿 –

そして午後にはニューヨーク・ヤンキース戦の始球式を”ノーバン”で務めたり、大忙しだったようですね。

。。。ってか「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」のチケット発売開始日に役者さんたちはぜんぜん生放送に出て来てないのね。。。

このようなプロモーションのおかげか

前売り券の発売の最初の24時間の売り上げが「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」に続く記録となっていて、今年1月に前売り券がマーベル史上最高の売り上げを記録した『ブラックパンサー』の2倍の初動になっているとのことです。

まぁこれはロン・ハワード監督のプロモーションによるものだけでなく、各映画館の会社でプレゼントされるポスターの種類が違ったり、5月24日夜7時から前夜祭で公開が始まるわけですが、その1時間前から一部の映画館で「Solo:Star Wars Story」ファンイベントが開催され、そこに参加すると特典がもらえるなどのファンにはたまらないものとなっていることも一因かと思います。

SOURCE: THR , star wars