EA Play 2018でStar Wars: Jedi Fallen Order発表。Star Wars Battlefront 2も新キャラ登場を公表


「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」が日本で開催される前に、海外で興行成績が悪いなどのニュースが飛び交っています。
一部では「ファンのスター・ウォーズ疲れ」と言う見方が出ています。
そして今度は「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」公開中なのに、さらにゲームのニュースの発表が。
このところのスター・ウォーズのニュースは多すぎますね。

今週12日から始まるE3(Electronic Entertainment Expo) 2018の前にエレクトロニック・アーツはハリウッドで「EA PLAY 2018」を開催。
どうやらEAはE3にブースを出さないようですね。
この「EA PLAY 2018」で来年リリースされるゲーム「Star Wars: Jedi Fallen Order」が発表されました。

EAに買収されたRespawnのVINCE ZAMPELLA氏が観客席?から発表。
「Star Wars: Jedi Fallen Order」はエピソード3から4の時代設定で、オーダー66を逃れたパダワンを主人公としたゲームのようです。

この解説からわかるのはどうやらこのゲーム、2016年のE3でのEAプロモーション映像の1分3秒あたりから流れている映像と合致していて、

青いライトセイバーを持っているのがパダワンだと思われます。この頃から制作をし始めていたようです。
ゲームは長い期間かけて制作されるのですね。
リリースは2019年のホリデーシーズン、2019年年末ですね、この頃の発売となりそうです。

ステージではStar Wars Battlefront 2のプレゼンもあり、以前も動画で出ていた

イウォーク・ハントや

ハン・ソロ・シーズンとともに、次のステージ「クローン・ウォーズ」が発表。
新キャラしてグリーバス将軍、オビ=ワン・ケノービ、アナキン・スカイウォーカー、ドゥークー伯爵が登場するとアナウンスされました。

「フォースの覚醒」以前はスター・ウォーズのニュースが出ると興奮したものですが、それ以降は途切れなくスター・ウォーズの何かしらの発表が続くので、お腹いっぱいの方も出てきそうですね。
これで来年Star Wars: Galaxy’s Edgeがオープンしてしまったらどうなっちゃうんでしょうか(笑)

ただそんな中でも来年のStar Wars Celebration Chicago 2019もチケットが続々売り切れ状態になるほどまだまだファンは熱いのですけれどね。