Star Wars Episode VIIIクロアチア・ロケに警備員600人とドローンを配置!


もうスター・ウォーズじゃなくて「ドローン・ウォーズ」。

先週の取りこぼしニュース。

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」や「Rogue One: A Star Wars Story」の撮影で頭を悩ませたのはファンやメディアのロケ地のドローン撮影。ここまでロケ地がドローンによって撮影されたのは一昨年『Star Wars Episode 7撮影現場が盗撮されまくりな理由』でお伝えした通り、軍事機密的な法律でアメリカからドローン対策を持ち込めなかったのが原因でした。

「Star Wars Episode VIII 」クロアチアのロケ日と場所が明らかに!』でお伝えした通り、クロアチアでのStar Wars Episode VIIIのロケは3月9日から16日とバレちゃっています。となるとファンやメディアが押しかけるのは必至。もちろんロケには立ち入り禁止ですからまたドローンで撮影しようとする。。。

スクリーンショット 2016-02-22 21.40.56

クロアチアのサイト「mos croatia」によると。。。クロアチア語でわからないのでMaking Star Warsの情報を借りると、”招かれざるドローンを排除するドローンを持ったスペシャルチームがいます。だから大衆によるレコーディングは行えません”と宣言されていて、ドローンを所持する600人の警備で、ロケ地に立ち入らせないばかりか、ドローンにはドローンによる攻撃で撮影を阻止するようです。

きっとイタチゴッコというか、どこかに隠しカメラを設置して。。。なんて、何としてでも撮影してやろうっていうヤカラは出てくるでしょうけど。

SOURCE: mos croatia , Making Star Wars