「ローグ・ワン/ スター・ウォーズ・ストーリー」と繋がってる?本日から日本で放送開始!「スター・ウォーズ/反乱者たち」シーズン3 第1話「影の中へ」


日本では本日からディズニーXDで「スター・ウォーズ 反乱者たち」 シーズン3が放送を開始しました!

今まであまり「スター・ウォーズ 反乱者たち」 シーズン3の記事は日本ではタイムリーではなかったので書いてきませんでしたが、放送を開始したということで、軽くレビューしながら各話放送後に書いていきたいと思います。
詳しくは本編をご覧ください。

まずは遠く忘れちゃったと思うので、シーズン3トレイラーを。

このトレイラーでも結構第1話の映像が載っていますね。

さて第1話の題名は「影の中へ(英題:”Steps Into Shadow”)」。
この話ではケイナンを除くレベルズたちのホンドー・オナカー救出作戦から始まります。
ホンドーとその仲間ターバを救出して逃げる際に帝国軍に囲まれてしまいます。
ターバはAT-DPの砲撃でやられ。。。
絶体絶命かと思われたが、そこでエズラがAT-DPのパイロットにマインド・トリックを使います。

シーズン2最終回でアソーカやケイナンが傷ついた事に悩んでいるエズラは、自分としては「正しい」と思うやり方で帝国軍を倒します。
これはケイナンから学んだことではなく、シス・ホロクロンの影響を受けています。

ホンドーを救出したがターバを死なせてしまった事によりヘラにターバの存在や救出計画に不備があったことを責められますが、エズラは「ホンドーを救出した、任務は果たした」と言う成果を強調、部屋にこもって怒りを爆発させます。

シス・ホロクロンに「ほかの人は何も見えてない」と諭され、エズラは「皆が見えてない分、俺がもっと強い力を持って、友達が傷つかないようにしないと」と信念をあたらにします。

※ここからの画像は上記”Star Wars Rebels Season Three Trailer (Official)”からのものです。

そんな時に惑星ヤルマに帝国の廃船処理場があり、そこに共和国時代のY-Wingがスクラップにされているとのホンドーの情報。
まずは情報の裏付けで偵察任務に行く事に。
エズラは大尉に任命されて、指揮をとる事に。

一方、ケイナンは瞑想をしています。
ヘラにエズラがアソーカやケイナンが傷ついた事に自信を責めてると言うことを聞いて、エズラと話し合いを持とうとエズラの部屋に。
この時ケイナンはシス・ホロクロンを見つけてエズラから没収。。。

その後またケイナンは瞑想をつづけるが、
そこに声が聞こえ。。。

ベンドゥと出会います。
ケイナンはエズラがシス・ホロクロンを使ったことに悩むこと、そして自分の目が見えないこと、を告白し、目が見えない事についてベンドゥから教えを請います。

さて、このベンドゥ、英語版では「ドクター・フー」で1974年-1981年に第4代ドクターを演じていた、現在82歳のトム・ベイカーが声を担当していますが、日本では宝田明さんが演じています。
それもなんとDave Filoni監督のご指名だったことが判明!

ゴジラとベンドゥには共通点があることも明らかになりました。

あれ。。。”軽くレビュー”としながら詳しく書いてしまいました。。。

この後ささっと書きますね。

もともと惑星ヤルマに偵察に行ったレベルズだが、帝国の廃船処理場ではY-Wingがどんどん廃棄されている状況。
エズラは偵察から奪還作戦に切り替える。

しかし様々な困難に遭い、Y-Wingを奪還するには帝国の廃船処理場の全電源を落とす必要が。。。
ライトセイバーで電源装置を壊したエズラ。ホンドーたちの裏切り(?)とファントムが破壊されて脱出不可能な状況に。
サビーヌ、ゼブ、チョッパー、レックスはY-Wing5機を奪還。
エズラはケイナンとヘラによって助けられます。

まとめとして「Rebels Recon #3.01: Inside “Steps Into Shadow”」を載せておきます。
第1話からスローン大提督が登場していますが、「レジェンド」となった小説”スローン3部作”でのスローンのキャラクターをほぼそのまま持ち込んていると説明されています。

ちょっと長くなってしまいました。
第1話に関しては映像が多く出ていたので、それをつなげる形で書いていったら長いレビューに。。。

 

最後に今回の話ですが、すでに観た方も感じたと思いますが、もしかしたら「ローグ・ワン/ スター・ウォーズ・ストーリー」につながる要素なのかもしれません。

どんどん新しいシーンが!3つの「ローグ・ワン/ スター・ウォーズ・ストーリー」映像!』でお伝えした映像をもう一度思い起こすと、

ここに登場するY-Wingは今回奪還したY-Wingかもしれません。

ですのでゴーストがいるのかも。

つまりこの艦隊は「コマンダー・サトー」が率いている!?

推測ですけどね。
そうだったらすごいですね。