東京コミン2018 「スター・ウォーズ」ディズニー・ブース


東京コミコン2018。

現在開催中ですが、多くのスター・ウォーズファンが参加している事でしょうね。

私は今回、ウォルト・ディズニー・ジャパン様のご好意により、プレスとして参加させてもらっています。
ウォルト・ディズニー・ジャパン様ありがとうございます!
開催前の11月30日午前中に、皆さんより先に会場に入ることができ、各ブースをじっくり回らせてもらいました。
3ヶ月ぶりの「ウケウリSTARWARS」再開に花を添えてもらいました。

今回はその中でもディズニーのスター・ウォーズ・ブースをお伝えしますね。

まぁ、アメコミの中でもSTAR WARSとMARVELを押さえちゃっているディズニー。
ブースも大きいですよね。
あとは対抗できるのはDCぐらいですから。

ウケウリSTAR WARSとしてはスター・ウォーズ・ブースだけお伝えします(笑)

MARVELブースとの間には大きなディズプレイがあって、「スター・ウォーズ レジスタンス」の予告編などなどが放映されていて…
となると予告編、観たくなりますね(笑)
貼っておきましょう。

 

そしてブースの裏側?はこんな感じ。

BB-8の映像も流れています。

さて、ブースに入りましょう。

ブースに入って最初はR2-D2がお迎えしてくれます。

これ、どうやって映し出されているの?って不思議に思いますよね。
もう一つ同じ仕組みのもので、宇宙戦のシーンが映し出されているものがあって、それをiPhoneで撮ってみたものがこちら。

なんか回ってるんですよ(苦笑)
”3Dホログラム LEDディスプレイ”ですかね。
人間の目の残像を利用した回転型LEDディスプレイ。

そしてブースの目玉はミレニアム・ファルコン!

10人、20人入れる箱みたいな場所で展開されるミレニアム・ファルコンのコックピットからの映像。
大画面で迫力がありますね。
。。。ってか、なんでミレニアム・ファルコンからのコックピットの映像ってこう、私たちを興奮されるんでしょうね?
もうこれだけでいいって感じですもんね。

ブースを出る前には売店があります。
ここであんまり買い過ぎない事。


ブースを出るときに「スター・ウォーズ レジスタンス」のXウイングペーパークラフトがもらえました。
こういうのって、コレクションにしてしまって作らなかったりするんですよねぇ。。。

そしてブースを出てくると広がっているのはショップ。
さっきの売店で買い過ぎなくてよかったと思わされます。
そしてここでも「買わないとっ!」って感じにさせられます。

いつも見るグッズがたくさん売っていますが、今回の目玉は

ロイヤルセランゴールというブランドの錫(すず)の合金で出来たスタチュー群。
これら、すべて手作り、手彫りのスタチューなんだそうで、


この東京コミコンで初登場なのが、チューバッカとC-3PO。
両方とも世界5000体限定。
チューバッカが5万5000円、C-3POが6万6000円と高価なんですけど、マレーシア王室御用達のブランドで、1体1体が手彫りだという事で、ある意味完全に同じものにはならないでしょうし、1点物。
そして人件費考えたら安いかも?

って感じで、スター・ウォーズ・ブースでも大満足な東京コミコン2018です。
参加される方は思う存分楽しみましょう!

次の記事ではその他ブースのスター・ウォーズものをご紹介しますね。

SOURCE: 東京コミコン2018