「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」ケッセルラン制作ブレイクダウン!


ILMのROB BREDOW氏が「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」のケッセルランにおける撮影秘話を解説しています。

簡単に語られている内容を書くと、

  • ファルコンの外のプロジェクターは歪んでた
  • TIEファイターのブラスターが飛んでくる照明
  • 昔の映画のカーチェイスシーンの様にファルコンの外側から撮影
  • コックピットは実際に振動/動作してる。昔のスタートレックのフェイクと違う
  • ファルコンは5このランディングギアを持っていたが、ケッセルランではフロントの2つ壊れ、エピソード4では3つになっていると言う数合わせ
  • L3-37はエピソード4にもいる
  • Summaは深海魚がモチーフ
  • Summaは重力に飲み込まれる時に皮膚から剥がれていく
  • エンジンの爆発シーンは「The Millennium Falcon Owner’s Workshop Manual」を参考にしてエンジンから噴射口までを忠実に再現
  • ケッセルランでの最後の脱出シーンは、映画の冒頭の逃亡シーンのスピーダーでの縦になった脱出シーンとリンク。スピーダーでは失敗したが、ファルコンでは成功。

じっくりご覧ください!