アナハイムは6月オープン!Star Wars: Galaxy’s Edge新情報


Star Wars: Galaxy’s Edge情報。

昨日お伝えした記事で、ディズニーCEO Bob Iger氏がBarron’sのインタビューでアナハイムのディズニーランドのStar Wars: Galaxy’s Edgeが6月にオープンする事を明言しました。具体的なオープン日は明かしていませんが、あと半年でStar Wars: Galaxy’s Edgeがオープンすることがわかりました。
まだまだ先な気がしていましたが、もうすぐですね。

さらにBarron’sが記事にしたのはそのStar Wars: Galaxy’s Edgeの新情報。
こちらも登録しないと読めないので、

WDW News Todayが転載してくれていますのでご紹介。

WDW News Todayによると、Star Wars: Galaxy’s Edge全体の外観はフロリダのアニマルキングダムにあるアフリカエリアのハランベ・マーケットに似たさびれた?古ぼけた?感じだそうで。

tdrnaviにハランベ・マーケットの写真がいくつも載っていますので、興味がある方は画像をクリックして見に行ってみてくださいね。
(そういえばStar Wars: Galaxy’s Edge内に隠れミッキーとかいるのかなぁ?)

そしてStar Wars: Galaxy’s Edge内にあるレストラン「Oga’s Cantina」。
ここではアルコールが提供されるそう。
一部座れるところがあるようですが、ほとんどがお客を最大限入れることができるようにほとんど立食になっているとの事。
ドリンクが天井から流れ落ちて来るように見える仕組みになっているようです。

メニューはまだこれからのようですが、”Fuzzy Tauntaun”と言ったトーントーンのお肉を食べることができそうです。

ブルーミルクは確実にメニューにありそう。
ただOga’s Cantinaだけなのか、その周辺のマーケットプレイス施設でも飲めるのかはまだ定かではないようです。

“Merchant Row”、 市場のような場所でしょうか。
ここでショッピングができるのですが、ショップ側は共通のストックルームが用意されて効率を高めているとの事。
またこの通り沿いのレストランも共通のキッチンから提供されるようです。

以前『ライアン・ジョンソン監督が!岩山が!ドロイドが!「スター・ウォーズ・ランド(Star Wars: Galaxy’s Edge)」建設状況』でお伝えした

すでにトゥモローランドで徘徊しているドロイド達がStar Wars: Galaxy’s Edgeでも徘徊していて、近づくとストームトルーパーが怖いと言ってくるとの事。
さらにはこのショッピング街ではドロイドが販売されるかもしれないと。
ライフサイズのR2-D2が買えるかもしれないとの事です。

2017年のD23でも発表された、

アニマトロニクスのコレクター、Dok-Ondarがこのショッピング街にいて、アイテムを欲しがるそうです。

最後に、Star Wars: Galaxy’s Edgeのショップで購入できるものはGalaxy’s Edgeのロゴを控え目に記してあったり、商品にちなんだキャラクターの絵になっているようです。
Star Wars: Galaxy’s Edge特有のパッケージになりそうですね。

SOURCE: Barron’s, WDW News Today, tdrnavi,