「スター・ウォーズ エピソードIX」の筋書きの噂


スーパーボウルも終わり、「スター・ウォーズ エピソードIX」のトレイラーとサブタイトルの発表はもう、Star Wars Celebration Chicagoでしょと言う雰囲気になりました。

最近のスター・ウォーズは、コミックだったり、正史にあまり影響や関係性を持たず(今の所は)、私としては記事にすることが難しい「スター・ウォーズ レジスタンス」で静かに盛り上がっている状況で、日本のファンのみなさんだと英語のコミックが読めない、Disney XDが観れないと小休止期間に入っていると言う感じかと思います。

海外でもあまり大きなニュースは発生していませんね。
なんとか重箱の隅をつついて話題を作っている状態。
(BB-8が撮影終了とか)

そんな中でスター・ウォーズ・ファンは日本でも12月20日、世界同時公開となった「スター・ウォーズ エピソードIX」のストーリーに想いを馳せるわけで。。。

Making Star Warsによると、「スター・ウォーズ エピソードIX」の舞台裏の話を聞いていると、「スター・ウォーズ エピソードIX」の筋書きはこんな感じだと言っています。

「ストーリーの中でヒーローたちは冒険の旅で再び再開する。フィンとポーはその答えの道筋をたどっていくと最後には”(昔の)砂漠の惑星”にたどり着く。レイも同じ場所にたどり着きます。ヒーローたちは嵐の前の静けさの中、幸せな瞬間の中再会を祝います。」

舞台裏の話からこのような筋書きの背景が出てきたのは、私が本サイトの休載期間に話題となったロケ地からきている模様。

昨年10月にStar Wars Underworldで記事になったヨルダンでの撮影があった事、

昨年9月にStar Wars News Netが報じた、ヨルダンでJohn Boyega、Oscar Isaac、Daisy Ridleyが居た事などが起因しているようです。

“砂漠の惑星”とはどこか。
この場所は正確にはわからないため、ファンの間で楽しい議論になりそうだとMaking Star Warsも言っています。

タトゥイーン?
ジャクー?
またはヨルダンがロケ地と言うことは、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」で同じロケ地だったジェダ?

J.J.エイブラムスが「フォースの覚醒」で登場させた惑星に戻すのか、スカイウォーカー・サーガだからルーク・スカイウォーカーの故郷なのか、はたまた。。。

なおこの砂漠の惑星にカイロ・レンもたどり着くみたいです。
彼はレン騎士団を従えてくるのか。。。?

Star Wars Celebration Chicagoだと思われる最初のトレイラーを観るまで、ファンの間ではこの予想で議論が白熱しそうですね。

SOURCE: Making Star Wars, Star Wars Underworld,Star Wars News Net