「スター・ウォーズ レジスタンス」シーズン1 第17話 “太陽が消えた星系” Bucket’s List


Dinsey XDで放送される今週の「スター・ウォーズ レジスタンス」シーズン1は 第17話 “太陽が消えた星系”。

原題は「The First Order’s Plan」。
どちらの題名もエピソード7「フォースの覚醒」が近づいている事、「フォースの覚醒」を観ているからこそファースト・オーダーが何をしようと企んでいるのかを分かった上での題名の理解となりますね。

そしてストーリーでもそれを理解した上での展開の理解。
ストーリー序盤で「ジャクーでオーガナ将軍の命令を遂行する」というポー・ダメロンのセリフがあった事、そのあとカズが前回ファースト・オーダーからダッシュした宙図の奇妙な地点を捜索すると太陽が消えた星系に壊れた惑星たち。
スター・キラー基地のアレ、ですよね。

Bucket’s Listはそのポー・ダメロンのジャクーへの旅立ちは「フォースの覚醒」の最初のイベントで、その時期が迫っている事を示している事が語られています。
残り2つは偵察ドロイドのニューバージョン。8匹の子ドロイドを発進。
もう一つはTooka dollは「クローン・ウォーズ」「ローグ・ワン」に出てきたと。

その他「反乱者たち」にも出てきています。

Rewindではこの星系の惑星たちの状態は、スター・キラー基地の武器の最初試射であった事を伝えていて、最初はうまくいかなかった事、2回目は近すぎた事、3つ目は惑星コアを貫通したというのを示しているとの事。

という話でしたが、このストーリー、この時代背景からすると、もうすぐ「フォースの覚醒」が始まるわけで、この「スター・ウォーズ レジスタンス」もそんなにシーズンを長く放送していくものではないのが伺えます。