実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』日本版キーアートが決定!


「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」が公開したばかりでみなさん盛り上がっているところだと思います。
この盛り上がりに乗じてディズニーが更にスター・ウォーズファンに向けてお送りするのが

ディズニーデラックスで12/26から配信されるスター・ウォーズ実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』。

この『マンダロリアン』は2019年12月26日(木)より配信スタートして、2020年1月3日(金)には第2話、以降毎週金曜日に新しいエピソードを配信するスケジュールで全8話を配信することを決定しています。
Disney+が日本でサービスを開始の見込みが立たない中で、この『マンダロリアン』が配信開始されることはとても嬉しいですよね!
ディズニー・ジャパンさん、頑張りました!

そして本日、この『マンダロリアン』の日本版キーアートが公開されました!

© 2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
© 2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

(プレスリリースより)

本作が一足早く配信スタートしているアメリカにおいては、全米の批評家や海外メディアから絶賛の声が続々と上がり、批評家のレビューをまとめたRotten Tomatoesでは、94%フレッシュを獲得しています。(2019年12月19日時点)

■『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』 から5年後が舞台

スター・ウォーズ関連作品として初の実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』は、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』での出来事から5年後、帝国が崩壊し、ファースト・オーダーが台頭する前の時代に現れた“一匹狼の戦士:マンダロリアン”の戦いが描かれています。

これまでの「スター・ウォーズ」シリーズの映像作品では描かれていなかったエピソードがいよいよ開幕します。

■ジャンゴ・フェット、ボバ・フェット、そして遂に孤高のガンファイター・マンダロリアン登場!

ジャンゴ・フェットやボバ・フェットのようなアーマーに身を包んだマンダロリアンが今作の主人公で、謎に包まれたキャラクターです。バウンティハンター(賞金稼ぎ)・ギルドのリーダーであるグリーフ・カルガが、マンダロリアンに“ある仕事”を紹介することから物語は大きく動き始めます。

賞金稼ぎ、そしてならず者と悪党たちの荒っぽく現実味あるハードな世界観で繰り広げられる大胆なアクションと、シリーズならではの壮大なスケールにはファンならずとも大興奮すること間違いなしです。

 
きっとこの記事を見ている皆さんはすでにトレイラーとか見ちゃっていると思いますし、ベイビーヨーダがどんな活躍するのかとか、そっちのが気になっていることかと思いますが(笑)、とりあえずStarWars公式から配信されているトレイラーを貼っておきますね。
一応見直しておきましょ。

 

 

 

26日から配信開始ですが、31日間無料という言う事でギリギリまで加入を待っている方も多いかと思いますが(いや、私もそうなのですがw)、26日忘れないようにしましょうね!